藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年東京オリンピック開催決定おめでとう!

日本中が湧いた8日早朝の吉報から、
3日が経ったにもかかわらず、
未だに興奮が覚めないのは
私ひとりだけでしょうか。

スポーツ関係者だけではなく、私を含め
多くの日本中の国民が2020年に向って
様々な目標を立てて何かをスタート
させたのではないでしょうか

素晴らしいプレゼンでのスピーチをした
佐藤真海(まみ)選手も
自らの経験として、
「神様は越えられない試練を与えない」
と訴えているように、東日本大震災という
試練を日本は受け、今まさに国民みんなで
この試練を克服しようとしているところ。

試練に打ち克つことこそが、
2020年東京オリンピック開催であり
その成功だと思います。

多分東日本大震災が起きなかったら
国民がこれほどまでに心を一つにして
オリンピック開催を熱望するように
ならなかっただろうし決定の瞬間
感動しなかったはずです。

東京開催決定をきっかけに
日本人としての誇りとか、自信とか、勇気とか
失いかけた多くの物を取り戻せる気がします。
逆境をばねに国民が一つとなった時の日本は
世界中のどんな国より強いことは
歴史が証明しています。

今、国際社会では領土問題や歴史解釈で当たり前のことを言っても
右傾化だとか、必要以上にあげ足を取られてしまっていますが
オリンピックの開催の基本理念である平和の祭典を通して
愛国心を高めていくことは、誰にも文句を言わせないし、
ごくごく自然なことだと思います。

竹田恒和JOC会長もおっしゃっていたとおり、
本来スポーツの目指すスポーツマンシップとは
正々堂々とした潔さや思いやりといった
日本人の民族性に通じるものであり、
商業主義や勝利至上主義に
陥った現在のオリンピックを
原点回帰させるという意味でも2020年に
東京で行う意義は大きいのではないでしょうか。

さらに今回プレゼンで一躍注目された
滝川クリステルさんの「おもてなし」はそもそも
観光地熱海の不変のキーワードであり、家訓のようなもの。

今回の誘致活動は7年後の東京開催に向って
インバウンドに本気で取り組む
良き契機となった気がします。



果たして7年後に熱海はどのような姿を目指すのか、
7年なんてあっという間です。
いつまでも浮かれていないで
オリンピックを目指す選手たちと同様に
日本の熱海から世界の熱海にむけて
政治家としてやるべきことを
見失わずにさあスタートです!




スポンサーサイト

あらら・・いつの間にかスポンサーサイトに・・(汗)

まるで他人事のようなつぶやきですが・・
月日のたつのは早いもので
2013年ももうすぐ折り返し地点を迎えようとしているんですね。

申し訳ないついでに告知をさせて頂きます。
来たる
6月8(土)・9日(日)
渚親水公園ムーンテラスで
被災地支援の為の防災&音楽イベント

TAKATA-FESTA in熱海
が開催されます。

岩手県陸前高田市の復興支援を目的として
各地で音楽イベントを企画運営している
「TAKATA-FESTA」と茶田実行委員長さんを始めとする
熱海市民の有志による一大イベントです。

私もほんの少しですがお手伝いしている関係もあり、
当日多くの熱海市民の皆様にも
是非お越し頂きたいと思っております。
当日は、敢えて会場をムーンテラスとし、
音楽イベントに限らず
津波からの避難訓練や震災伝承ブースも設置する等、
盛りだくさんの企画が用意されております。
是非ご家族連れで参加してください。
また1口3000円の賛同金も同時にお願いしております!
詳しくはHP  TAKATA-FESTA in熱海  まで

春の訪れ

今年の冬は寒さが厳しく、梅園の梅や熱海桜の開花も
若干遅れ気味で最近になってようやく見ごろを迎えています。
そんな寒さの中でも早春の訪れを感じさせてくれるのが水菜(みずな)

一般的には水かけ菜と呼ばれる漬物が実家から届けられると
ああ今年も春がやってきたと感じさせてくれます。

水菜(水かけ菜)は小山・御殿場地方の特産品で
1月末から3月初めにかけて摘み取るアブラナ科の野菜です。
休閑期の田んぼに綺麗な富士山からの湧水を流し、その間に
畝を作り育てるもので、摘み取った菜の葉を塩で漬けていく
いたってシンプルな漬物です。

しかし厳しい小山御殿場地方の寒さの中で育つ水菜は
少し苦みが残り生命の息吹を感じさせてくれる
わが故郷の味そのものです。
そこには体も指先も冷え切りながら摘んで送ってくれる
家族や親せきの姿があるからです。

DSC_8866_convert_20130219061129.jpg

今年も貴重な水菜が頂けることに感謝。

必見!本日のアド街ック天国

過去に何度かテレビ東京の人気地域情報番組の「出没!アド街ック天国」で
熱海が取り上げられた事がありましたが、1月19日21時からの放送で
久しぶりに熱海にスポットが当たるそうです。
今年は、お正月のゴールデンタイムに
TBS系列「ぴったんこカンカンスペシャル」で熱海市の飲食店や
お相撲さんと第一小の子供たちのサプライズ企画、花火観賞など、
熱海が大いに注目を浴びました。

さらにドラマやバラエティなど幅広い番組で1月だけでもあわせて5番組が
熱海をロケ地として利用して頂きました。
熱海市の目指すシティプロモーションの一環であり、熱海をロケ地として
利用して頂けるよう、行政としても「ADさんいらっしゃい!」という窓口を
立ち上げ積極的に誘地、支援を行っている成果が表れていると思います。

東京から近く、温泉、海などのロケーションも抜群でテレビ局としても
取り上げやすいのではないでしょうか。熱海のイメージアップにもつながり
大変効果的だと思います。

広告宣伝とは違って、基本タダでわざとらしくなく熱海の良さを
取り上げてくれるこうしたテレビ番組を使った手法は
今後とも積極的に取り組んでほしいものです。

ただし、湯らっくすマラソン中止報道のような取り上げられ方は
困りますが・・・


文化・芸術・音楽の秋真っ盛りです

先日、私が実行委員長を務める熱海クラッシックコンサートが
起雲閣で開催されました。

私が手伝うようになって早いもので5回目、
通算で14回も続く地元の音楽家育成を目的とした
息の長いコンサートです。
これもひとえに1回目から取り組んでこられた
音楽家の佐藤千鶴子先生の熱意の賜物だと敬意を表します。

DSC_8565_convert_20121026234813.jpg

さて秋真っ盛りを迎え、私の周りでもたくさんの方々が
文化・芸術・音楽などの様々なイベントを企画しています。
今日は幾つか紹介だけでも致しますので
関心がある方は、是非足をお運びください。


DSC_8576_convert_20121026234240.jpg
題名)起雲閣室内楽コンサート
日時)10月28日(日)11:30~/14:00~(2回公演)
場所)起雲閣 音楽サロン
入場料)起雲閣入場料のみ
※詳細は起雲閣までお問い合わせください
 0557(86)3101まで


DSC_8577_convert_20121026234306.jpg
題名)荒 多惠子 写真展 「胸神
日時) 10月13日(土)から12月24日(祝)まで
    9時~16時30分 ※月曜休館日
場所) 熱海市立澤田政廣記念美術館 2階企画展示室
入場料)大人310円 学生210円 小人100円(土日小中学生無料)
※詳細は美術館までお問い合わせください
 0557(81)9211まで




題名)市民ふれあいウオーキング
「文化人の愛する歴史の街 伊豆山を探索する」

日時)11月10日(土) 9時~12時
場所)熱海駅家康の湯前出発→般若院→伊豆山神社→走り湯
費用)参加無料
締め切り)10月31日まで
主催)熱海グローリーワイズメンズクラブ
※参加希望者はカフェ プランタンまでお問い合わせください
 0557(81)3721 藤曲まで




DSC_8574_convert_20121026233903.jpg
題名)宮城令子ピアノリサイタル(熱海在住のピアニスト)
日時)11月18日(日)14時半開場 15時開演
場所) 起雲閣 音楽サロン
入場料)一般2500円 小中高生無料 全席自由
※詳細は宮城令子熱海後援会事務所までお問い合わせください
 0557(80)1618まで




DSC_8575_convert_20121026233830.jpg
題名)ブルーノタウト謎解きコンサート2012
日時)11月29日(木) 13時半開場 14時開演
場所) 起雲閣 音楽サロン
入場料)当日3000円 前売り2000円
    第1部 講演会「タウトの日向邸とジャポニスム」
    第2部 ファインデュオ コンサート 
※詳細はNPO法人日向熱海別邸保存会までお問い合わせください
 050(7577)4862矢崎まで 


ここに紹介した皆さんを始め、
熱海で日々文化活動に携わる皆さんは、
観光会館や文化会館が使用できなくなり
活動に多くの支障を抱えながらも
熱海の文化活動の灯を消さないようにと必死で
頑張っている方々ばかりです。

是非、1日も早い観光会館建設に向けて
斎藤市長さんは、具体的な構想を描いて頂きたいと
思います。具体的な絵ができてくれば、
市の財政や補助金等で足らない部分を
市民の中から応援してくれる方も
出てくるかもしれない訳ですから・・




プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。