藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
30
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市政報告を開催して

去る3月21日、起雲閣におきまして
久しぶりとなる(2年ぶり)藤曲たかひろの
市政報告会を開催致しました。
 
当日は、年度末でありお彼岸中にもかかわらず
100人もの多くの支援者の皆様にお集まりいただき
感謝に堪えません。

また、竹内敏朗後援会長や内田進自民党熱海市支部長
さらに国会の合間を縫ってお越し頂いた勝俣孝明衆議院議員など
改めて多くの方々に支えられている事を実感いたしました。

今回の市政報告は、2期6年間の熱海市政の推移と
自分自身がその中でどのような働きをしてきたのか
さらに25年度の熱海市の施策など
分かりやすく、かつ表面上の動きだけでなく
私自身が感じた側面の部分も一緒に
お伝えしたつもりです。

特に市民には見えにくい今後の熱海市の課題については
行政や議員だけの力では解決できない構造的な問題も多く
一緒に見つめて頂こうと敢えて私見を加えたうえで
お伝えしました。

具体的には
1、深刻化する二極化構造
  ①生活保護世帯、低所得者層の増加と
   固定資産税や別荘税に頼る市税のあり方
  ②旧市民と新市民との生活スタイルの違い

2、国保税の負担増に見る医療費削減策の必要性
  ①温泉の積極的活用による健康増進予防介護の推進

3、少子高齢化

4、民間建築物の老朽化
  ①空き家対策

5、地域コミュニティの崩壊
  ①町内会組織の再編


など提案も含めてお話しました。
準備から、当日の対応まで十分とはいきませんでしたが
こうした報告会をする事で、自分自身の活動を
見つめなおすことができ、課題ややるべき事を
整理できる事もあり、たいへん有意義な時間となりました。

ただ、熱が入りすぎ予定より15分程度報告の時間が延び
質疑応答の時間を充分に確保できなかった点は
今後の反省点となりました。

最後まで席を立つこともなく一生懸命
耳を傾けて頂いた皆さん

さらに、どうしても都合がつかないからと
わざわざ連絡をして頂いた方々も大勢おり
わたしに対する期待や責任の重さを
更に感じ、皆様からたくさんのエネルギーを
いただいた時間となりました。

最後に受付や会場準備からかたずけまでお手伝いいただいた
たかちゃん会の皆さん、いつもいつも
ありがとうございます。
大変でしょうが、あまり時間をおかず
また、市政報告会を開催致したいと思っておりますので
今後ともよろしくお願い致します。

  

スポンサーサイト


プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。