藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党県連政務調査会による本年度市町支部政調会長会議開催

昨日、伊東のホテル聚楽で
来年度予算に対する各支部の要望を
自民党の県連政調会でヒヤリングする政調会長会議が行われた。

DSC_0268_convert_20110827005602.jpg

この会には例年、県議や各支部の役員はもちろん、
熱海土木事務所の職員を始め、県の職員も同席して行われる。
さらにこの日は熱海市からも田辺副市長と小川財政部長が同席していただいた。
私も毎年、自民党熱海市支部政調副会長として要望書の策定からかかわり
参加させていただいています。

地方自治体がどこも厳しい財政事情の中、
どれだけ県の予算を引っ張ってこれるのか?
正直ここ数年は、熱海の枠は縮小する一方で、
毎年要望を提出しても、なかなかいい返事がもらえていない。

特に今年は東日本大震災の影響もあって、
国道135号線がマヒした場合のう回路として、
南熱海地区の中部横断道路の整備促進を強く要望したが、
まったく相手にされなかった。

地震発生時には網代地区や多賀地区では津波の被害が想定される中で
国道135号線が通行止め或いは、
津波の被害を受けた場合、
現在のように国道に平行して走るバイパス道路がない状況では、
周辺の救援作業や復旧作業に甚大な影響を与えることは明白であり、
災害道路としての整備が求められている。
引き続き要望していきたい。


なお今回この要望書の中で2点、
私が取り組んできていたことを入れさせていただきました。

1つ目は熱海駅舎建設に伴い、観光案内所を駅舎内に設置することを
JR側に要望してきたが、その観光案内所を熱海市単独ではなく、
東伊豆海岸地域や箱根など熱海市の周辺観光地案内も
含める総合案内所とすることで、
静岡県の支援を受けられないか?

2点目は耐震補強工事に対する現在の県の補助金制度の見直しです。

この2点に関しては前向きな回答を頂いたので、
今後とも実現まで粘り強く取り組んでいくつもりです。

要望書の詳細については、
別紙参照していただきたいと思いますので、
関心のある方はご覧ください。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。