藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月議会の焦点

昨日、爽心会の政調会が終わり、いよいよ9月議会がスタートします。

今議会の焦点の1つは、消防庁舎の移転先が先日お話した3つの候補地から、
1つに絞って当局より提案されます。
この消防庁舎移転先の行方に従い、一気に庁舎問題がスムーズに動き出すか、
さらに混迷を深めるか、注目の案件であります。

そして2つ目が中央保育園建設予定地の整備概要が、ようやく明らかにされます。
昨日の説明では現保育園用地に定員60人規模の園舎を建設し、
大湯間欠泉前の用地に関しては、1/2を園庭、1/2を観光施設用地として
活用したいとの提案をしていました。
残り半分の観光施設用地の活用に関しては
今後地域住民や観光関連団体の意見を参考に決定していくとのことです。

3つ目は、起雲閣の指定管理者導入の動きについてです。
昨日の説明では、公募による選定ではなく、これまでの実績や起雲閣の性格上、
立ち上げから起雲閣の運営に携わってきたNPOのオアシス21への特命
指名を考えており、議会の承認が得られれば、
来年4月から運営を開始したいとの当局の意向でした。
前回のマリンホール及び小山臨海公園の指定管理者制度導入の経緯もあり
充分な審議が求められます。

また、8月に行われた熱海方式の事業仕訳についても
賛否両論意見が出るものと考えられます。

さらには、9月議会では、22年度の一般会計、特別会計の決算認定が行われます。
概略をお伝えすると、
一般会計では市内経済の落ち込みに比例して個人所得の減額により、
市民税が前年度比7%減、約1億8700万円の減少となりました。
しかし大規模マンション等の建築により
固定資産税が前年度比2%アップ約1億円増、
たばこ税も約7千万アップの約8億1000万円となり、
かろうじて市税全体では21年度より1300万円増加しました。

また平成22年度の健全化判断比率はいずれも基準値を下回り、
財政状況は改善しているといえます。
また公営企業他の資金不足比率の割合も値上げや、
一般会計からの補てんにより、
数字上は算定されず改善されていると言えますが、
上水道、下水道、温泉などの公営企業に関しては、老朽管の改修工事や
一般会計からの借入金の返済、企業債の将来負担などを考えると、
少なくとも今後10年は、引き続き健全化の為の努力が必要だと言えます。

いずれにしても、9月議会は、これまでの財政再建がメインの論争から、
熱海市の人口維持、歳入増加策といった都市間競争に勝つための
様々な建設的な取り組みが論議され、
来年度予算に反映される議会になっていくべきだと思います。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。