藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海駅舎及び駅ビルの建て替え計画

9月を迎え、熱海市において新たに話題となるであろう1つが
老朽化した熱海駅及び駅舎の建て替え計画です。

すでに、既存の駅ビルは今年7月から取り壊しが始まり、
現在プレハブの仮駅舎が建設中で、
完成次第、現在の改札口のある駅舎が取り壊されることになっています。

以前から地元としても、
意見交換の場をもってお互い少しでも納得のいく形で
駅舎・駅ビルを建設してほしいと要望していましたが、
一向に建て替え計画自体が示されることなく現在まで至っていました。

しかしようやく、来たる9月13日に
JR東日本の新井副社長が熱海に来て
今後の計画の発表と地元との話し合いに向けた調整を行う見込みです。

私のところに漏れ伝わる話では、
駅舎の規模は現在と同程度で3階建て。
駅ビルは駅舎に連結する形で東西に現在より横長になる形で
現在の交番よりさらに10m程度伊東側まで伸び
これまでの駅ビルの3倍程度(3階建て約2000坪程度)
を予定しているそうです。

さらに6月から閉鎖中のいで湯荘は解体し
奥まで平置きの駐車場にする予定のようです。

駅舎・駅ビルに関しては
100%JR東日本の出資の建て替えなので
基本的には、建築基準法や都市計画法(旧大店立地法)
いわゆる「まちづくり3法」に従って建設する限り、
行政や地元商店街はそれ以上の強制力はないわけですが、
温泉地熱海の駅前商店街は
観光地としての風情も醸し出しているという
大事な観光資源であると考えるとき、
駅ビルだけが一人勝ちして周辺商店街が廃れていくという
最悪のシナリオだけは避けなくてはなりません。

お互いの譲歩により駅ビルと駅周辺商店街とが
共存共栄できる道を必ず探るべきだと思います。

ようやく話し合いの場が持たれていく契機となるこの度の説明会には、
私も参加の予定ですので、今後どのような行方になっていくのか
しっかりとJR東日本のスタンスを見極めていくつもりです。


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。