藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海市特別職報酬審議会について

8月1日に第1回が開催されて以来、現在まで合計4回、
最終的には答申が出される10月17日の第5回までに渡って、
熱海市の特別職(市長・副市長・議員)の給料と
行政委員等の報酬について審議されています。
あわせて教育長及び固定資産評価委員の給料についても論議されています。

 これは平成4年の改定以来、市長及び副市長の給料、
議会の議員報酬の額が据え置かれており、
現在の経済情勢、熱海市の財政状況を鑑み見直しが求められている事。
 この間、行財政改革プランにより、19年度から23年度まで市長及び副市長、
教育長の給料の額は特例措置により減額されている。
同様に議員報酬も21年度から23年度までにわたって自ら削減してきた。

 そこで24年度を迎えるに当たり、
市長より報酬審議会に特別職の給料及び報酬の適正額について
諮問と意見をお願いすることとなったという経緯です。

 これまでの審議により、市長及び副市長、
教育長の給料にあっては15%程度、議員報酬も10〜15%、
行政委員その他の特別職の職員で非常勤の報酬額についても
約10%程度の減額で答申が出る見込みだそうです。

 答申を受け12月議会で条例改正に向けての議案提出がされ、
審議・議決が行われる予定です。
今回注目されるのは、
35の非常勤の特別職の職員や行政委員まで対象になっている事です。
中には高齢化により職務内容の増えている介護認定審査会の委員なども含まれており、
それぞれの職務負担がどの程度なのかといった、
細かいところまで審議されているのか心配になります。

また、どの程度の減額率が適正なのか、経済情勢や、熱海市の財政状況、
さらに市民感情など幾つかのポイントがありますが、
デフレスパイラルの中、日本全体が縮み志向の傾向があり、
今回の改正も熱海市民にとってプラスにとらえられるような結果になるよう期待してやみません。




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。