藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海軍カレーを食らう

本日ナナ半岸壁をご覧になった方は、既にご存知かもしれませんが、
「まきしま」「くめじま」「つきしま」の3艇の掃海艇が、
熱海港に入港しています。

神戸から横須賀への訓練の途中、熱海港に立ち寄ったもので、
川口議員の紹介で特別に「くめじま」の艦内を見学させていただき、
さらに、特別に海上自衛隊自慢の海軍カレーをご馳走になりました。

112_convert_20111013001241.jpg
掃海艇「まきしま」
116_convert_20111013001314.jpg
手前が乗船させていただいた「くめじま」です

第42掃海隊司令官である米田剛海佐より説明をして頂きましたが、
掃海艇は機雷を処理する役割があり、
一艇約120億円もかかっているそうです。(潜水艦より高価・・)
理由は機雷が鉄や磁力に反応するように設計されているため木造船であり、
一部の金属部分についても真鍮やアルミ製なのだそうです。

118_convert_20111013001344.jpg
S-7(1型)は自力潜水航行が可能な機雷処分具であり、
ソナーとテレビカメラを備え、機雷に接近し識別を行うことができ、
海底の人工物捜索にも使用できる。

123_convert_20111013001631.jpg
基本的には船の音声や磁場を人工的につくり、
機雷を爆破させるそうです。


まだ記憶にあると思いますが、さきの湾岸戦争の際、
イラクの撒いた機雷処理に大活躍し、日本の海上自衛隊の名が
世界に知れ渡ったそうです。

また、3.11の東日本大震災の際には「くめじま」をはじめ
これらの掃海艇もいち早く現地で救援活動を行い
実際に海上での遺体回収など多くの自衛隊員と共に
ご苦労なさったそうです。

今回は、今後東海沖地震等の被害の想定される静岡県沿岸の
入港訓練で初めて熱海港に入港されたそうです。

熱海は震災時に「陸の孤島」になる可能性が危惧されており、
国防とともに災害派遣においても活躍される自衛隊の
中でも「海上自衛隊」の支援が必要不可欠であり、
今後ともこうした訓練を継続的に行っていただき、
市民の不安を少しでも払拭していただければと強く感じました。

124_convert_20111013001701.jpg

追伸、「海軍カレー」絶品でした。
ご馳走様でした。m(__)m




スポンサーサイト


Comments

ふ~ん
おいしそうですね。こういうときに、呼んでくれないんですね。
今後このようなチャンスがあったら、皆様にもお伝えします。
自衛隊フェチの方、藤曲まで事前登録してください。

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。