藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視察報告その1

25日(火)熱海を出発し、一路大阪へ。

初日は豊中市に伺い、駅ビル内で地域のケーブルテレビを利用した
情報発信とパソコン教室など
人の集まる駅ビル内スタジオの活用状況を視察しました。

DSC_0442_convert_20111102010242.jpgDSC_0440_convert_20111102004833.jpg

熱海駅舎及び駅ビルの改築工事が進む中、
全国各地で行政の出先機関や観光案内など
駅ビルを情報発信、地域の交流の拠点として
利用するケースが増えています。

熱海駅では今のところJR東日本との話し合いの中で、
観光案内所(コンシェルジェ)の設置については合意している模様ですが、
今までのようにFM熱海の生中継ができたり、
住民票や戸籍謄本が発行できたりしたら、
市外通勤や共働きの世帯には便利だと思います。

阪急電鉄の豊中駅のように、
鉄道会社がケーブルテレビのスタジオを
無料提供するまではいかなくても、
新熱海駅構内で観光案内所とともに
市民サービスの提供ができるようになると、
通勤圏としての魅力も増すのではないでしょうか?

今後、当局に提案していきたいと思います。

DSC_0458_convert_20111102004935.jpg

26日(水)2日目の朝は京都市内に宿泊し、
清水寺周辺を散策。
秋の修学旅行シーズンということもあり賑やかでした。
歴史と伝統と文化のある街は
お土産一つとってもバラエティ豊かで羨ましい限りでした。
熱海のお土産は?観光客の皆さんによく聞かれますが、
干物に温泉まんじゅうだけではなく、もうひとひねりして、
熱海の魅力を深めたいと感じました。
そういう意味で現在進行中の「熱海ブランド」の今後が楽しみです。

午後からは、大阪の箕面市(みのお)へ電車で移動。
ここでは今話題の橋下知事のすすめる
公立小学校の運動場芝生化推進事業の現状を視察するため、
箕面市の小学校を訪れました。

箕面市では平成18年度より芝生化に取り組み、
21年度は3つの小学校と
1つの幼稚園で全面芝生化に挑戦したそうです。
しかしグランド全面芝生化に対しては
多目的のグランド使用を必要とする地域の小学校では、
賛否が分かれ、現在はトラック部分は土のままで、
遊具などのあるグランド周辺の芝生化を進めているそうです。

DSC_0465_convert_20111102005034.jpg

DSC_0463_convert_20111102005006.jpg

一定規模までの運動場の芝生化に対し、
大阪府の補助金が出るため初期投資はほとんど大阪府の負担
(1施設上限530万円まで)、
その他の維持費(肥料代・水道代・芝刈り等)は各自治体が負担しているそうです。

学校の用務員さんや地域の方々のサポートが必要となりますが、
子供たちや学校の先生方の評判は大変良く、
さらにグランド周辺の地域の方々は砂埃が減ったと好評だそうです。
休み時間に子供たちと先生が芝生に座ってくつろぐ写真を見て、
羨ましく思いました。

箕面市は大阪市のベッドタウンとして発展してきたこともあり、
文教地区として人気があり教育環境の整備にも力を入れており、
校庭の芝生化以外にも障害者の子供たちを地域で受け入れるため、
市内の公立小中学校20校すべてにエレベーターを設置、
耐震工事を終了、ソーラー発電など環境教育にも力を入れているそうです。

そのため、全国が少子高齢化で苦しんでいる中、
文教地区として若い世代の転入が増えニュータウンができ
、ここ数年は着実に人口が増えているそうです。

静岡県ではこのような補助金制度がないので、
各自治体で独自に取り組んでいるところが多く、
サッカーの盛んな磐田市や
周辺地域で徐々に校庭の芝生化に取り組んでいます。

熱海の場合、芝生化の試験的導入ケースとして昨年、
私の提案で渚の小公園に鳥取式のポット芝を導入しましたが
養生期間の確保、昨年夏の猛暑など様々な理由で、
思ったほど生育状況が良くなく、
現在は砂の状態に戻ってしまいました。

個人的にも思い入れがあり、
なんとか子供たちを芝生の校庭で自由に遊ばせてあげたいと思っています。
今回の視察の状況を見ても分かるように、
芝生化は国や県の支援体制があればもっと導入しやすいのですが、
現在の状況ではまず幼稚園や保育園といった
小規模のケースで試験的に導入していくことが現実的なのかと思います。


子育て支援に対する熱海市の姿勢を見る上でも、
園庭の芝生化というのは、具体的で現実的な取り組みだと思いますので、
今後とも当局に対して投げかけていきたいと思います。





スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。