藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかがなものか・・民主党集団離党

今年も押しせまった28日、
消費税増税方針を批判して
10人の国会議員が民主党を離党届を
提出した。

このことに関して幾つか首をかしげたくなることがある。
まず第一になぜこの時期にということ。
今回離党した議員のほとんどがTTPにも反対しているそうだが
その時は離党せず、今回消費税の増税論議は先ほどまで
民主党の税制調査会で喧々諤々(けんけんがくがく)やっていたのに
その重要な論議に参加することなく、この10人は28日に離党した。
その理由は明らかに、今後の活動資金となる政党助成金ほしさにある。

単純計算で一人当たり約3000万円が支給されることになるらしい。
5人以上の国会議員が集まれば政党として認められるので、
今回離党した議員は、おそらく来年1月1日付けで新党を結成することだろう。
消費税増税反対なら、なぜ今日の民主党税制調査会と党一体改革調査会の
合同総会の場で正々堂々と意見を述べるべきだし、
その結果いかんで離党するのが筋だと思う。

第二に、離党した議員のほとんどが、
先の衆議院選挙で比例当選した1年生議員ばかりだということ。
比例というのは、個人というより殆どが政党に対する支持によって
得票を得て、議員先生になった方々ばかりだ。
特に先の衆議院選挙では、反自民の風が追い風となって民主党が
予想以上に躍進した際の議員たちばかり。

民主党の看板で議員になった人が
マニュフェスト違反だと言いながら
離党するのは選んでくれた選挙民を軽視しすぎている。
民主党がおかしいならあくまでも最後まで民主党に残って
訴えていくべきだし、その結果除籍されるなら
致し方ないにしても、自分から辞めるなんて、
自分勝手以外の何物でもない。

たぶん、自分の支援者の声を聴こうにも
どこにその支援者がいるかわからないくらい
国民の声に遠い方々なんだろうと推測できる。
申し訳ないが、こんな方々に政党助成金として
一人当たり約3000万円もの私たちの税金が
使われるのかと思うと、残念でならない。

この度離党届を提出した10人・・・

内山晃(57)千葉7区
渡辺浩一郎(67)比例東京
豊田潤多郎(62)比例近畿
斎藤恭紀(42)宮城2区
中後淳(41)比例南関東
石田三示(59)比例南関東
三輪信昭(69)比例東海
小林正枝(40)比例東海
渡辺義彦(55)比例近畿

横峯良郎(51)参議院比例




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。