藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月1日 島田市が岩手県山田・大槌町のがれき受け入れを正式に締結

これまでも静岡県は、
川勝知事が岩手県のがれき受け入れを表明して以来、
各市町の対応が注目されていました。

先日、他の市町に先駆けて島田市が受け入れを表明。
放射性物質の危険性を危惧する市民の反対意見もあり
国、県で何重にもわたる安全性のチェックを担保することで
理解を得ようと努力してきた経緯があります。

今回、がれきの搬出から焼却までの間に
7回の放射線量などを測定する計画を示し、
試験焼却に関する覚書が交わされました。

熱海市は残念ながら未だ受け入れを表明しておらず
安全性の確保と市民の理解が得られたら検討するといった
消極的立場を貫いています。

私は以前より、国や県による安全性の担保が得られれば
積極的にがれきを受け入れるべきだと訴えてきました。

県内の市町でも、物理的に受け入れが不可能な自治体もありますが
熱海市の場合、受け入れの時期によっては焼却能力においては
充分余裕があり、率先して被災地の復興を支援する姿勢を
示すべきだと考えます。

斎藤市長は観光地としての影響なども考慮すべきだと言いますが
静岡県はいつ東北で起きたような震災の被害を受けるかわかりません。

言葉だけ「絆」「助け合い」などと叫び偽善的にふるまうより
こういう時こそ率先して東北支援に手を挙げてほしいと思います。

そういう意味で率先して受け入れを表明後も
島田市の市長は一部の市民の反対にもひるまず、
市民説明会を何度も自ら開き、
理解を得ようとしている姿勢には拍手を送りたいと思います。



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。