藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月20日(月)24年度一般会計歳出について

24年度予算を当局は3つに大きく分け説明しています。

1、元気な経済
2、豊かな暮らし
3、行政改革

その中で、今日はまず元気な経済について
主な施策と予算額を拾い上げてみました。


1、元気な経済
(1)建設プロジェクト
①熱海駅前広場整備事業:4億0078万余円
②新庁舎建設経費:2億4869万余円
③新中学校校舎改築事業:5億4463万余円

(2)観光の基盤整備 
①市内観光協会の一体的な誘客促進事業:700万円
②市民観光まちづくり事業費補助金:70万円
③ジャカランダの整備:1億2千万円
(篤志家の全額寄付による24・25年度継続事業)
④メディカルツーリズム推進業務委託料:150万円
⑤誘客促進事業補助金:500万円  

(3)民間の力を活用した産業振興「営業する市役所」 
①民間投資促進事業経費:180万余円
②熱海市チャレンジ応援センター(A-Biz):186万円
③熱海ブランドAプラス販促支援補助金:50万円
④人口増加の為の業務委託(情報発信、調査費等)150万円

※特徴は将来に向けた長期的な視野に立った施策に
予算が付いてきたということです。
これまでは、目先の緊急経済対策に重点を置いていた感がありましたが、
市有地(遊休地)の利活用や頑張る個々の事業所を応援する態勢、
さらに人口増加策や観光協会の将来図、医療と観光の連携への取り組みなど
当局のやる気を感じるようになりました。
また自分自身も含め、市民の代表である議員各位の提案にもバランス良く、
しっかり耳を傾けている気がします。
やはり副市長という右腕ができたことが大きいのでしょうか・・


 次回は「豊かな暮らし」についてポイントを説明します。

 

スポンサーサイト


Comments

No title
当初予算案についてのコメント、ありがとうございます。斎藤市長の判断で、将来に向けた予算に重点をおいていただきました。市民のみなさんに、将来に希望を持っていただけるような行政をしていきたいと思います。

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。