藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月15日(木)3月議会閉会しました。

主に平成24年度予算案の審議を行う3月定例会が本日最終日を迎え、
当局から提出された全ての議案が全会一致
(ここ数年では珍しい事)で可決されました。

今議会の感想を一言で言うと、ようやく議会と当局が足並みをそろえて
前に進みだしたという気がします。
その大きな要因として、昨年7月就任した
田邉副市長の存在が大きいのではないかと思います。

まず議会側との調整役として、議員の声にも細かく耳を傾け
また市長の右腕として職員のコンセンサスをまとめ、
職員の意識改革に取り組んでいます。

さらに中小企業庁にいた際の経験を生かした
産業振興策などが24年度の予算にも反映している気がします

今、震災がれきの受け入れ問題で難航しているのも、
福島原発での国のトップの対応、情報公開等・・・
国に対する不信感が、がれき受け入れに対する不信感へと
つながっているからだと思います。

熱海市でもこれまで斎藤市長就任来、
財政危機宣言、
基幹産業である宿泊産業に対する癒着発言、
庁舎問題の混乱等・・・

市長と議会、市長と職員との間に不信感という大きな溝があり、
全てがスムーズに進まないいらだちを市民も議会人である私たちも
感じていました。

人の社会は何と言っても、信頼関係がなければ前に進むことが出来ない訳で、
田邉副市長就任によって、ようやくそれぞれの信頼関係が修復され、
無駄なエネルギーを使わずにてすむようになりました。

そうした意味では、この熱海に経産省のキャリアが来たという事以上に
若いわけですが、調整能力に秀でたやる気のある人材が来てくれたことが
熱海市民にとって幸いであったと感じます。

まだ市民の皆様方にとっては、話す機会は少ないかもしれませんが、
大変気さくで、かわいらしい(?!)ので、
チャンスがあったら田邉副市長に声をかけてみてください。
なおブログもありますのでご覧ください!
副市長の田邉のブログ
スポンサーサイト


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。