藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生い立ち その2

早くも、生い立ち その2が見たいとリクエストがあったので、
小学生時代のお話をいたします。
決して今日の記事に困って「生い立ち その2」に逃げたのではありません。

ちなみに本日は、議会運営委員会に出席後、
午後からは田原本町の一斉清掃活動(どぶ掃除)に参加してきました。
たいていの町内は週末にしますが、商売屋の多い駅前周辺では、
あえて平日のほうが参加率が高いこともあって例年この時期の平日に行っています。
地域の絆が叫ばれている現在、こうした清掃活動に積極的に参加することで
横のつながりを結んでいくことがいざという時には生かされるのだと思います。
201106011612000溝掃除

ということで「生い立ち その2」に戻ります。

小学校時代は、今のように短気でも、いつも口をとんがらかしていることもなく
残っている写真を見ると、大体にっこりと笑っています。
小中学校時代のあだ名は「たかっぴろ」→「ぴろ」といわれ、
今でも地元の仲間に会うと「ぴろ~」と声がかかります。

クラス委員や児童会などもずーとやっていましたので、
しっかりしてそうに見えていましたが、実はちょっと抜けていて、
明るくて、ひょうきんなところもありました。
また意識はしていませんでしたが、とにかくいい子で
先生受けするような子供だったかもしれません。

初恋は小学2年生のころで、
名前は大倉典子ちゃんという近所の同級生で、
片思いのまま終わりましたね。はい。
もう一人宮崎やよいちゃんも好きになりましたが、
残念ながら転校してしまいました。
そういえば小学校6年生のときに、
クラスの人気投票で1番になったこともありました。
今思うとその頃が私のモテ期だったのかな・・・

6年生の卒業文集に、将来なりたいことの欄があって
「政治家・公務員・新聞記者」
と書いた覚えがあります。
そのころ熱海に住んでいた藤曲達夫叔父さんも
ちょうど市議会議員を務めていた時期と重なり、もしかしたら何らかの
影響を受けていたかもしれません。

また正義心が強く、弱い者いじめや、ずるい人が許せない思いがあり
新聞記者になりたいと思った時期もありました。

公務員と書いたのは、父である渡辺良保が小山町の職員で、
その姿に尊敬していたからだと思います。
父は長年、役場の産業経済課で働き、51歳のときに癌で亡くなりました。
ちょうど私が大学2年の夏でした。
地元に小山町の総合グランドや町民会館の建設計画があり、連日地元町民との
土地交渉に明け暮れ、最後は体を壊してしまったのです。
未だに残念に思うことは、おやじと一緒に酒を酌み交わせなかったことですね。

ということで、小山町の北郷という田舎町で「わたなべたかひろ」は、
小学校時代すくすくと純粋培養されていったのでした。
                         
                   つづく


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。