藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしなが育英会訪問 その2

麹町にある東京本部を訪れ、
吉田和彦事務局長にお会いしチャリティコンサートの収益金、
¥1,142,215−を東日本大地震の津波被害で
震災孤児や震災遺児となった子供たちの支援に役立ててもらおうと
寄付してきました。
特に仙台に建設予定の津波遺児に対する
ケアハウスあしなが「東北レインボーハウス建設基金」へ利用してもらうよう指定してきました。

吉田さんによると、「東北レインボーハウス」は建設に向けて全てが始まったばかりで
ようやく先日仙台郊外のJRの土地に建設予定地が大体決まり
これから2年がかりで建設を進めるとのこと。
現在の予定では、仙台の施設には、子供たちのケアーを定期的に行い、
同時に大学生の震災遺児の宿泊施設を併設する予定だとのことです。
それ以外にも、被害の大きかった陸前高田市をはじめとする数箇所にも、
こうした子供たちが集まれる施設を建設予定だそうです。

今回の震災によって、震災孤児だけでも200人以上、
東北全域では両親のどちらかをなくされた、
遺児も合わせると2000人を超す子供たちがこうした環境におかれているとのこと。
特に犠牲者の中には30代40台代の保護者が多く、
当然子供たち、小学生や中学生が大半で、
末永い支援の必要性をひしひしと感じました。

今現在は特別一時金として
未就学児50万円
小中学生50万円
高校生80万円
大学、専修、各種学校、大学院生には100万円が給付されているそうです。

東北レインボーハウスの建設予定金額は約30億円かかる見込みで
現在3億円程度しか集まっていないとのこと。
関心のある方はぜひとも末永い御支援をよろしくお願いします。
「あしなが東北レインボーハウス建設基金」
郵便振替00120−7−355615まで・・・


あしなが育英会レインボーハウス


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。