藤曲たかひろ 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 熱海市議会議員として今伝えたいこと

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーノ タウトを知っていますか?

皆さんは、建築物として熱海市では、唯一国の重要文化財に指定されている建物が存在している事をご存知ですか?市内春日町にある旧日向別邸です。

この建物は、実業家 日向利兵衛の別荘の離れとして1936年竣工。
太平洋を望む熱海市春日町の断崖上に位置する。
日向氏の死後、民間企業の保養所として利用され
2004年11月 熱海市の所有となり、翌年秋から一般公開。
2006年7月 地下室が重要文化財の指定を受ける。
その地下室を設計したのがドイツ人ブルーノ タウトです。
この地下室は桂離宮、伊勢神宮など日本の様式美を意識して設計される。
日本に現存する唯一のタウト設計の建築である。
母屋の設計は、東京国立博物館や銀座和光、愛知県庁などで著名な渡辺仁


※以上 熱海市HP:旧日向別邸 ブルーノ・タウト「熱海の家」から抜粋

ブルーノ タウトの建築物は、
母国ドイツでも2008年に世界遺産登録されるなど注目されています。
特に馬蹄形のジードルンクが有名。
桂離宮の芸術性を世界に知らしめた親日家としても有名です。
このタウトが日本で唯一設計した建築物が旧日向別邸の地下室であり、
現在篤志家の浄財により熱海市が購入し管理しています。
ただ、年々老朽化が進み維持保存のための大掛かりな修繕工事の必要性があり、
中井会長をはじめとする保存会が2年前に設立され、
建物の保存のための活動を始めています。
昨日は中井会長とともに、
昨年一年間で保存会に寄せられた浄財20万53円を
齋藤市長に手渡してまいりました。
貴重な文化財の保存と同時に、
熱海にとっての貴重な文化的観光資源としての活用も含めて、
有効に利用して頂きたいと思います。
まだ一度も見学したことがないという方は、是非ともご覧ください。
ちなみに藤曲は、旧日向別邸保存会の会員です。

参照 旧日向別邸保存会HP


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

藤曲敬宏

Author:藤曲敬宏
昭和41年12月26日誕生(48歳)
県立御殿場南高校普通科卒業
専修大学経済学部経済学科卒業
元衆議院議員秘書

(社)熱海青年会議所元副理事長
MOA熱海保育園元PTA会長


前熱海市立第一小学校PTA会長
熱海市テニス協会協会長
熱海市日韓親善協会副会長
熱海MOA保育園顧問
熱海純喫茶組合副組合長
熱海クラシックコンサート実行委員長
平和通り商店街振興組合理事
グローリーワイズメンズクラブ会員
旧日向別邸保存会会員

2007年4月 熱海市議会議員初当選
2011年4月 熱海市議会議員再選

藤曲観光商事有限会社 代表取締役
「カフェプランタン」を熱海駅前にて経営
妻と15歳と12歳の2人の娘との4人家族です

最新トラックバック
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。